【社員旅行へ行くなら貸切バス】オススメの理由やプランの組み方など細かく解説!

社員旅行へ行くなら貸切バス

社員旅行は会社の一大イベント!幹事を任せられた方は、どんなプランを組むべきか、移動手段は何を使うか迷ってしまいますよね?
多くの社員旅行での貸切バス利用をサポートしてきた「バス旅ねっと」は、他の移動手段と比較したときになぜ貸切バスをオススメできるのかの理由や、旅行プランの企画方法や車内での楽しみ方、社員旅行に人気の車種などを知り尽くしています。
今回は、これらのお役立ち情報から、モデルコースや料金、当日までに準備することまで細かくお伝えいたします。

貸切バスが社員旅行にオススメの5つの理由

「社員旅行には貸切バスがオススメだ」と言える理由が5つあります。
ほかの交通手段と悩んでいる方のために、移動の利便性や料金面も比較します。

①移動中も車内でワイワイ楽しめる

貸切バスが社員旅行におすすめの理由1

貸切バスの車内はプライベート空間なので移動中もワイワイ楽しめます。
ほかの交通機関だと、自分たち以外にも乗客がいるため静かに移動しなければなりませんよね。周りの目を気にすることなく移動時間も旅行の一部として楽しめるのが貸切バスの良いところです。

また、貸切バスは運転手付きなので飲酒することも可能です。
旅行の行き先で地酒を楽しむのも良し、車内にお酒を持ち込んで移動中にちょっとした宴会をするのも良しです。普段あまり会話できない部署の方と交流を深めるチャンスです。

②荷物の持ち運びや管理が楽

貸切バスが社員旅行におすすめの理由2

1泊2日以上の旅行の場合は、着替えなどで荷物が多くなりがちです。電車や飛行機での移動だと荷物の持ち運びに苦労し、非常に手間となります。
貸切バスにはトランクが付いているため、荷物が多くても楽に移動ができます。

大きな荷物は集合時にトランクへ積めるため、宿泊先に着くまでは手荷物だけで観光地を回れるので身軽に旅行を楽しめます。

トランク付きの車輌は主に大型バス、中型バス、小型バスです。小型バスのトランクは大型バスや中型バスに比べて容量が少ないため注意しましょう。

③移動の負担を軽減できる

貸切バスが社員旅行におすすめの理由3

貸切バスは出発地、経由地、目的地を指定した場所へとピンポイントに送迎できます。そのため、公共交通機関なら必要な乗り換えなどの負担を減らせます。目的地までの道を調べる手間や、迷ったりする心配もありません。

複数の観光スポットを回るような旅行の場合も、貸切バスなら電車や新幹線のような待ち時間が無いため、効率的に移動できて旅行を楽しめます。

目的地が遠距離の場合は飛行機や新幹線を利用し、目的地に着いてから貸切バスを利用するという方法もあります。

④自由にプランが組める

貸切バスが社員旅行におすすめの理由4

パッケージツアーなどでは、あらかじめ行き先や昼食場所が決められています。そのため、自分たちが行きたいところに行けず、行きたくないところに行かなければなりません。
しかし、貸切バスは旅行のプランを自分たちで自由に組むことができます。

集合時間、解散時間、観光地や食事処など希望通りに旅行を計画できるので社員旅行にオススメです。オリジナルのプランを味わえるため、毎年貸切バスで日本各地を旅行する会社もたくさんあります。

⑤料金がリーズナブル

貸切バスが社員旅行におすすめの理由5

個人の観光旅行に限らず社員旅行でも予算に上限はつきもので、できる限り費用を抑えたいと思うものです。貸切バスは楽に移動ができるだけでなく、料金面もほかの交通機関と比べて引けを取りません。

決められた予算だけに縛られず、旅行自体も楽しみ、有意義な社員旅行を行うためには貸切バスが最適です。
次に、ほかの交通機関との比較を紹介します。移動手段に迷っている方は、是非参考にしてください。

ほかの交通機関との比較表

下の表では、貸切バス、電車、新幹線、飛行機の「移動の利便性」や「料金面」の比較をしています。それぞれ 〇・△・× の3段階で表しています。

貸切バスと他の交通機関との比較

貸切バス:大型バス45名で利用した時の1人当たりの運賃
電車・新幹線・飛行機:1人当たりの運賃

表で分かる通り、貸切バスは「移動スピード」と「行程の(時間)の正確性」については交通状況に左右されるため△ですが、それ以外に関しては、どの交通機関よりも便利で料金も比較的安いということが分かります。

旅行プランの企画方法

これから貸切バスでの社員旅行を計画する方に3つの企画方法を紹介します。
計画に悩んでいる方は必見です。それでは、順番に見ていきましょう。

自分でプランを立てる

旅行のプランを立てたり、企画ごとが好きな方は自分でプランを組むのが1番早いです。
また、行き先や観光地、食事処選びは幹事の特権です。

貸切バスの見積もりを依頼する場合は、下の4つをある程度明確にしておきましょう。

  • 旅行日程
  • 出発時間、目的地での滞在時間、帰着時間
  • 集合・解散場所、観光地、食事場所、宿泊先
  • 乗車人数と希望車種

社内で希望を聞いてプランを立てる

次に、社内で観光地や食べたいグルメの希望を聞いてプランを立てる方法です。
プランを組むのが苦手な方でも行き先と日程さえ決めてしまえば、後は中身を埋めていくだけなので簡単です。
団体行動は思っている以上に時間がかかるため、所要時間は長めに設定しておきましょう。

貸切バスの手配専門の旅行会社にプランを任せる

仕事の合間を縫って社員旅行のプランを立てるのは大変なことです。
「自分でプランを組むのが苦手」「時間が無い」という方は貸切バスの手配専門の旅行会社が一緒にプランを考えてくれます。

  • 日程と集合・帰着時間
  • 大体の人数
  • 行き先(食べたいもの・定番の観光地に行きたい など)

を伝えれば、オススメの車種や観光地、食事処を提案してくれます。

社員旅行の予算が決められている場合は、予算内に収まるようにプランを組めないか相談することも可能です。
旅行プランの提案だけでなく、バスの手配も任せられるので非常に便利です。

貸切バスでの社員旅行の楽しみ方

第1章で紹介したように、貸切バスはプライベート空間のため移動中も楽しみ方が満載です。
貸切バスの設備を利用した楽しみ方や車内でできるオススメのレクリエーションを提案します。

サロンタイプ×カラオケ

1つ目は、サロンタイプの座席でカラオケをすることです。
サロンタイプとは、車内後方の座席がコの字型になった車輌のことです。
TV番組でよく見かけるバス移動中の車内のように、サロンタイプでおしゃべりしながら乗車したいという方も多く、根強い人気があります。

テーブルを挟んで向かい合って座ることができるので、車内でカラオケをするにはピッタリです。まるで移動するカラオケボックスのような空間を味わえ、移動中も盛り上がること間違いなしです。

貸切バス1番人気の設備サロンタイプ
後部座席がコの字型になった貸切バスサロンレイアウト

サロンタイプ×映画

次に紹介するのが、上で説明したサロンタイプの座席で映画を観ることです。
車内で飲食をしながらバス会社が保有しているDVDで映画やアニメを観ることができます。
長時間の移動の場合は、映画を観ながらゆったりと車内で過ごせるため非常に人気です。

貸切バスのゆったりシートとテレビモニタ
貸切バスの車内モニターとDVDデッキ

車内レクリエーション

移動中も車内で楽しむ方法といえば、レクリエーションを思いつく方が多いのではないでしょうか。レクリエーションはアイデア次第でいろんな楽しみ方があります。
今回は、オススメの車内レクリエーションを2つ紹介します。

イントロクイズ

貸切バス社員旅行車内レクリエーション1

1つ目は、車内でイントロクイズ!
イントロクイズは、スマートフォンさえあれば簡単に行えます。
年代別やアニメソング、ドラマの主題歌、洋楽などで縛って出題するのも良いでしょう。
現在、スマートフォンでイントロクイズのアプリなども出ています。そういったものを活用してみるのも良いかもしれないですね。

ビンゴゲーム

貸切バス社員旅行車内レクリエーション2

2つ目は、車内でビンゴゲーム!
大型バスや中型バスには車内でビンゴゲームができる設備が付いています。
車内のモニターに番号が映し出されるので簡単に楽しめます。
幹事の方は、いくつか賞品を用意しておきましょう。

もちろん、ほかの車種でもビンゴゲームは行えます。
今や100円ショップでビンゴゲームのカードを手に入れることができます。
ビンゴマシンが無くても手軽にできるよう、数字カードの商品も出ているんですよ!

このように、車内での楽しみ方はたくさんあります。
車内設備を利用したり、ゲームを企画して移動時間も是非楽しんでください。
※車内設備の有無は、車輌により異なるため利用したい場合はあらかじめバス会社に連絡をしておきましょう。

社員旅行に人気の車種BEST3

貸切バスは主に、大型バス中型バス小型バスマイクロバスミニバスの5種類があり、車種ごとに定員数や機能面は異なります。
ここでは、社員旅行に人気の車種BEST3を紹介します。

第3位 マイクロバス

貸切マイクロバス外観

第3位は、マイクロバスです。
バス料金がほかの車種に比べてリーズナブルな点が人気を集めています。
マイクロバスの定員数は、補助席を含めて27席です。
トランクは付いていませんが、15~20人程度なら空席に荷物を置けば充分な広さです。

荷物量が心配な場合は、車内後方に荷物スペースが付いた車輌もあります。ただし、後部座席を取り除いた部分を荷物スペースとしているため定員数は20~23人までとなります。
荷物スペース付きのマイクロバスは大型のスーツケースでも2段に積み重ねれば10個程度入る容量です。

マイクロバスは送迎仕様のバスなので、観光仕様のバスに比べて設備の充実性は劣りますが、車輌によってはテレビ、冷蔵庫、マイクなどが付いています。

貸切マイクロバス後部荷物スペース
貸切マイクロバスのシート

第2位 大型バス

貸切大型バス外観

第2位は、大型バスです。
大型バスは、参加者が多い場合や旅行日数が長い場合に人気です。
定員数は補助席を含めて最大60席あります。
貸切バスの車種の中では1番大きな車輌で、大きな荷物も充分に積めます。

座席間隔は成人男性でも窮屈に感じることなく座れ、リクライニングも付いているため快適に移動ができます。

大型バスは、観光仕様のバスなので車内設備が充実しています。
車内の設備は、リクライニングのほかにサロンタイプ、カラオケ、マイク、テレビ、CD、DVD、冷蔵庫、湯沸かしポット、ビンゴゲームなどが付いています。
特殊車輌にはなりますが、リフト付きやトイレ付きの車輌もあります。

貸切大型バスのトランク
貸切バス1番人気の設備サロンタイプ

第1位 中型バス

貸切中型バス外観

栄えある第1位は、中型バスです。
中型バスは定員数や機能面など、総合的に社員旅行にピッタリなため1番人気です。
中型バスの定員数は27席で補助席が無く、全員が正座席に座れます。

トランクの容量も人数分の荷物は充分に積めるほどの大きさを備えています。
大型バスと同じく観光仕様のバスで、座り心地や設備の充実性は大型バスと比べて遜色ありません。

車内の設備は、リクライニング、サロンタイプ、カラオケ、マイク、テレビ、CD、DVD、冷蔵庫、湯沸かしポット、ビンゴゲームなどが付いています。
特殊車輌である、リフト付きやトイレ付きの車輌は大型バスよりも車輌の数が少ないため、利用を希望する場合は早めにバス探しを始めましょう。

貸切中型バスのトランク
貸切バスのサロンレイアウト

社員旅行のモデルコースを紹介

社員旅行のモデルコースを関東と関西の2つ紹介します。

関東コース(東京都⇄栃木県)

貸切バス社員旅行モデルコース栃木県

東京都の新宿から出発し、栃木県の日光周辺を観光する1泊2日のモデルコースです。

貸切バス社員旅行モデルコースプラン栃木県
※2日間の走行距離を430kmと想定しています。

関西コース(大阪府⇄滋賀県)

貸切バス社員旅行モデルコース滋賀県

大阪駅から出発し、滋賀県のびわ湖を1周しながら観光する1泊2日のモデルコースです。

貸切バス社員旅行モデルコースプラン滋賀県
※2日間の走行距離を400kmと想定しています。

中型バスの参考料金

運転手付きの中型バスをチャージした際の参考料金です。貸切バス利用料金は走行距離と拘束時間を基本にご利用時期などでも変化しますので、ある程度スケジュールが決まられている場合は、お見積りフォームよりお問い合わせください。

※価格はすべて税別 10月 11月 12月
平日 ¥60,000~ ¥60,000~ ¥45,000~
土日祝日 ¥65,000~ ¥65,000~ ¥48,000~

社員旅行での準備することリスト

社員旅行で貸切バスを利用する際に準備することが5つあります。
その1~4までは、貸切バス専門の旅行会社に代行手配を頼めることもあります。
幹事の方は当日を迎えるまでに1つずつクリアにしていきましょう。

☑その1:駐車場の予約

貸切バスは利用者が目的地で観光している間(乗車していない時)、駐車場で待機します。
駐車場は基本的に自身で手配しなくてはなりません。
観光地や食事処など滞在箇所全てに連絡をし、バスの駐車場を予約しましょう。

☑その2:観光地などの団体チケット

多くの観光地では、入館・入場チケットが必要になります。
当日購入することもできますが、15人以上の場合は団体割引が効くこともあるため事前に確認しておきましょう。
申し込みをしておけば当日スムーズに入場が可能です。

☑その3:宿泊を伴う旅行の場合は宿泊先の予約

宿泊を伴う旅行の場合は、宿泊先の予約を早めにしておきましょう。特に人数が多い場合は、出発の直前になるほど空室が少なくなります。
幹事の方は、部屋割りなども決めなければならないので予約内容は細かく確認しておきましょう。

☑その4:乗務員の宿泊先の予約

1泊2日以上の旅行の場合は乗務員も現地で宿泊するケースが多いです。
乗務員の宿泊先は、自分たちと同じホテルか付近のビジネスホテルでも問題ありません。

  • 個室であること
  • 1泊2食付きであること(夕食・朝食)
  • バスが停められる駐車場付きであること

これらの3つが乗務員の宿泊先の条件となります。
食事が付いていない場合は、別途食事代を渡す必要があるので注意しましょう。

☑その5:最終人数確認

出発日が近くなると旅行に参加する最終の人数確認をしておきましょう。
参加者の増減があれば、宿泊先の部屋数や観光地のチケット数を変更する必要や、チケット料金の払い戻し、宿泊料のキャンセル料金が発生してしまうこともあります。

貸切バスに関しては1席当たりではなく、バス1台当たりの料金のため人数の増減による料金変更はありません。ただし、定員数が超えてしまうと大変です。
最初から人数が増えそうな見込みがある場合は、問い合わせ時に何人まで乗車できる車輌か、バス会社に確認を取っておきましょう。

まとめ

今回は、貸切バスが社員旅行にオススメの理由、旅行プランの企画方法、車内での楽しみ方、社員旅行に人気の車種、モデルコースと料金、当日までに準備することについて紹介しました。

特に、初めて幹事を任された方や決められた予算内にプランを組まなければならないという方の少しでも参考になると嬉しいです。

今回の記事のポイントを簡単にまとめました。

  • 旅行プランを立てるのが難しい場合は貸切バスの手配専門の旅行会社へ任せられる
  • 車内では座席をサロンタイプにしたり、カラオケや映画、レクリエーションが楽しめる
  • 人数が少なく、費用を抑えたい場合はマイクロバスがオススメ
  • 人数や荷物が多い場合は大型バスがオススメ
  • 20~25人程度の社員旅行で1番人気の車種は中型バス
  • 駐車場、宿泊先、団体チケットの手配や人数確認を忘れないようにする

社員旅行をみんなで楽しめるよう、旅行の計画や移動手段選びは慎重にしましょう。

バス旅ねっと」は貸切バスを予約するだけのサービスではなく、貸切バスを利用する行程全体をスムーズに進行できるよう、宿泊先や駐車場の予約代行など、幹事様をサポートするサービスです。全国対応で官公庁や大手法人様の実績多数のため、様々な貸切バスの法人利用シーンのノウハウもございます。貸切バスに関するご相談はまずバス旅ねっとにお問い合わせください。具体的な予約スケジュールが決まられている場合は、お見積りフォームからのご相談がスムーズです。

\全国の貸切バスを手配します/まずは60秒カンタン見積りから

    ご利用目的を選択
    ご利用期間を選択

    発着地を選択

    ご利用団体区分を選択

    バス旅ねっとがどこよりも利用される理由

    バス旅ねっとが選ばれる理由は、お客様の貸切バス旅行計画成功のためのサポート力です。 518万人のお客様にご乗車いただいた実績を元に、観光地の提案やお宿・お食事の手配などを含めたお客様の目的に最も適したバスをご案内します。

    • 貸切バス専用の一括見積システム

      大手から中小まで全国3,019のバス会社を網羅し、条件や価格をデータベース化。 料金が安くなるよう出発地域に近い地元の複数のバス会社を選定し見積取得し、複数の見積から最も条件の良い見積だけをお客様にご案内します。

    • スペシャリストによる独自の専門チーム体制

      利用目的と都道府県ごとのスペシャリスト専門チーム体制とデータベースの活用で、都道府県と利用目的ごとに最適なバス会社を提案します。 予約以降のサポート体制も充実、最適な行程を作成し、安心して出発当日を迎えられます。

    • 万が一にも安心の補償

      バス旅ねっとは全てのお客様に無料で補償をいたします。 事故によるケガや入院等の治療費を補償するだけでなく、バスが故障した場合は代わりの交通手段を手配してお客様のスケジュールも守ります。また、有料でより手厚い補償もご用意しております。

    • 独自で設定した安全基準

      安全対策やドライバーの労務管理計画、教育など様々なバス会社の情報をデータベース化して独自の評価基準をクリアしたバス会社を手配しております。 安全への取り組みを日本バス協会に認められたバス会社とのネットワークも日本全国で構築していています。

    お知らせ一覧

    お知らせをもっと見る
    【社員旅行へ行くなら貸切バス】オススメの理由やプランの組み方など細かく解説! ページ上部に戻る