貸切バス事業者安全性評価認定制度とは

貸切バス専門「バス旅ネット」では
セーフティバスをご利用いただけます!

貸切バス事業者安全性評価認定制度とは

日本バス協会が実施するこの制度は、貸切バス事業者の安全教育・適性診断・健康管理、車両点検の実施など、安全性への取り組み状況を評価・公表することで、利用者がより安全性の高い貸切バス事業者を選択しやすくし、また貸切バス事業者の安全性の確保に向けた意識の向上や取り組みの促進を図るものです。

「SAFETY BUS(セーフティバス)」マークステッカーが貼ってあるバス車両は、高いレベルでの安全確保への取り組みを実施する優良なバス会社であることを示します。
法令遵守事項37項目より評価され、そのレベルによりランクが上がる仕組みとなっています。

貸切バス事業者「SAFETY BUS(セーフティバス)」マークステッカー

※ 公益社団法人日本バス協会 貸切バス事業者安全性評価パンフレットより

セーフティバスご利用の旨はお気軽にお問い合わせください。
※ なお、バス会社の指定は承っておりません。

手配バス会社一覧

貸切バス 北海道・東北エリア

貸切バス 関東エリア

貸切バス 北陸・甲信越エリア

貸切バス 東海エリア

貸切バス 関西エリア

貸切バス 中国エリア

貸切バス 四国エリア

貸切バス 九州・沖縄エリア

貸切バス事業者安全性評価認定制度とは ページ上部に戻る