川越氷川神社への行き方(公共交通機関、貸切バス)

埼玉県の「川越氷川神社」

川越氷川神社

〒350-0052
埼玉県川越市宮下町2-11-3

公式サイトはこちら

古墳時代の欽明天皇二年に創建されたと伝えられる「川越氷川神社」は五柱の神々が祀られています。
主祭神は素盞鳴尊(すさのおのみこと)で妃神の奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)と夫婦神様で、その子孫といわれる大己貴命(おおなむちのみこと)は、出雲大社をはじめ全国の神社に祀られ、神話”因幡の白兎”にも登場する神様です。さらに奇稲田姫命の父・脚摩乳命(あしなづちのみこと)と母・手摩乳命(てなづちのみこと)の夫婦神様と、5柱の神々すべてが家族であることから、川越氷川神社は家族円満・縁結びにご利益がある神社として信仰されています。

2014年から行われるようになった夏季限定の祭事「縁むすび風鈴」では、境内に2千個以上の色とりどりの江戸風鈴が吊り下げれ、目にも耳にも美しい光景が広がります。他にも恋みくじの入ったかわいらしい「あい鯛みくじ」や、出会いを求める人のための「であいこい守」、カップルのための赤い糸とセットになった「縫いつけまもり」など、縁結びに因んだユニークなアイテムがたくさんあり、若者にも人気の神社となっています。

川越氷川神社に公共交通機関でアクセスする方法

川越氷川神社への電車やバスを利用したアクセス方法をご案内いたします。

東京方面からのアクセス方法

東京方面で一番アクセスしやすいのは、東武池袋駅から東武東上線で川越駅まで出る方法です。こちらは40分ほどです。
西武新宿駅から西武新宿「特急小江戸」で、本川越駅まで出る方法もありますが、45分かかり特急料金も高いのでおすすめではありません。
川越駅・本川越駅ともに川越氷川神社までの路線バスが運行しており10分ほどで川越氷川神社前バス停に着きます。バスは埼玉医大・上尾駅西口・平方・川越運動公園行のいずれかを利用してください。

埼玉県内からのアクセス方法

さいたま市中心部の大宮駅から川越駅までは、JR川越線で1本23分です。川越駅からは路線バスの埼玉医大・上尾駅西口・平方・川越運動公園行いずれかで10分、川越氷川神社目の前のバス停に着きます。

川越氷川神社へ貸切バスで行こう

川越氷川神社へ10人以上で移動される場合は、貸切バスのご利用がおすすめです。
公共交通機関、レンタカー、乗り合いツアーバスと比べて、貸切バスにはこんなメリットがあります。

乗り換えなしで現地までラクラク移動

貸切バス利用のメリット1

目的地までの移動に公共交通機関を利用すると、電車やバスの乗り換えをして現地までは徒歩移動ということも多いですよね。旅行の大きな荷物を持ちながらの移動や、グループでの大人数の移動では目的地に着くまでに疲れてクタクタになりかねません。
貸切バスであれば、指定の集合場所から目的地の駐車場まで最短ルートで一気に移動することができます。もちろん移動の途中に寄りたい場所があれば経由地設定もできますよ。

運転はプロドライバーに任せて安心

貸切バス利用のメリット2

貸切バスは運転手付きのバスをチャーターできるので、レンタカーと違って運転はすべてプロドライバーに任せることができます。これなら知らない土地や慣れない道でも安心ですね。
グループに運転を担当する人がいなければ、気兼ねなくみんなでお酒を飲んだり食事をしたりできますし、帰り道で疲れたら眠って休みながら移動することができますよ。

ビジネス用途など使い方は自由

貸切バス利用のメリット3

貸切バスは1台のバスを丸ごとチャーターするので、用途に合わせた様々な使い方ができます。
ビジネスであれば取引先の方々を車内で接待しながら送迎したり、社員研修を兼ねてバス車内でミーティングやレクリエーションをしたり、自社のイベントや企画に招待したお客様に映像を見ていただきながら送迎したり、移動時間を有効利用できますよ。

川越氷川神社の周辺情報

川越氷川神社へのアクセスに役立つ、駐車場・グルメ・観光スポットの情報をご案内いたします。

川越氷川神社周辺の駐車場情報

市内観光用駐車場
【住所】川越市城下町45-3あぐれっしゅ川越
【営業時間】9:30~18:00
【収容台数】260台
【普通車料金】無料
市庁舎駐車場
【住所】埼玉県川越市元町1
【営業時間】0:00~24:00(土日祝)
 ※川越市役所が休庁日のみ駐車可
【収容台数】南側120台/北側90台
【普通車料金】1時間400円、以後15分毎100円
 ※夜間(18:00~8:00)は1時間毎100円
エムエス観光バス専用駐車場
【住所】埼玉県川越市喜多町1-4
【営業時間】9:00~17:00
【マイクロバス料金】1,600円(1時間30分)
 ※以後30分毎600円
【中型・大型バス料金】2,000円(1時間30分)
 ※以後30分毎800円
 
※要予約

川越氷川神社周辺のグルメ情報

田舎うどん てつ
古民家の「田舎うどん てつ」は、栄養たっぷりの胚芽をふくんだ極太手打ちうどんと、産地直送野菜の天ぷらが魅力のお店です。
武蔵野名物の肉汁うどんの他、オリジナルの冷や汁うどん・てつピーうどん(ピーナッツつけ汁)なども人気です。
公式サイトはこちら
太麺やきそば まことや
蓮馨寺境内の屋台と、近くにある「まことや 本店」は、川越のご当地グルメ「太麺やきそば」のお店です。本店ではオムそばの「小江戸ぉむ」や玉子焼きとカレーが乗った「ごちゃき」といったアレンジメニューも。さらに麺とソースがセットになったお土産用の焼きそばを購入することもできますよ。
公式サイトはこちら
龜屋 本店
1783年創業の老舗和菓子店「龜屋」は、小江戸川越を代表するお店です。
はつかり醤油最中など種類が豊富な「亀の最中」や、川越名産のさつまいもを使った銘菓「こがね芋」、芋せんべい「初雁焼」などが人気です。
公式サイトはこちら

川越氷川神社周辺の観光スポット情報

菓子屋横丁
小江戸川越といえば、石畳の古い町並みに30軒ほどの菓子屋が立ち並ぶ「菓子屋横丁」が有名です。
ニッキやハッカ飴にカルメラ焼きなどの懐かしい菓子の香りが環境省の「かおり風景100選」に選ばれています。さらに近くある川崎市指定文化財の「時の鐘」は、「残したい“日本の音風景100選”」に選ばれていますよ。
公式サイトはこちら
小江戸蔵里
1875年創業の旧鏡山酒造の建屋を、観光施設として改修して造られた川越市産業観光館「小江戸蔵里(こえどくらり)」は、2010年にオープンしました。
明治にできた蔵を使用した「おみやげ処」、大正蔵の「まかない処」、昭和蔵の「ききざけ処」があり、食事やお土産購入におすすめです。
公式サイトはこちら
川越市立博物館
川越城二の丸跡に建設された「川越市立博物館」は、蔵造りをイメージした瓦屋根と白壁が特徴です。
展示は原始時代から現代にいたるまでの川越の長い歴史がわかる内容で、特に川越が繁栄した江戸から明治にかけての時代が中心となっています。細かな街並みのジオラマ模型や実物大の蔵造り模型は見応え十分です。
公式サイトはこちら

\全国の貸切バスを手配します/まずは60秒カンタン見積りから

    ご利用目的を選択
    ご利用期間を選択

    発着地を選択

    ご利用団体区分を選択

    バス旅ねっとがどこよりも利用される理由

    バス旅ねっとが選ばれる理由は、お客様の貸切バス旅行計画成功のためのサポート力です。 518万人のお客様にご乗車いただいた実績を元に、観光地の提案やお宿・お食事の手配などを含めたお客様の目的に最も適したバスをご案内します。

    • 貸切バス専用の一括見積システム

      大手から中小まで全国3,019のバス会社を網羅し、条件や価格をデータベース化。 料金が安くなるよう出発地域に近い地元の複数のバス会社を選定し見積取得し、複数の見積から最も条件の良い見積だけをお客様にご案内します。

    • スペシャリストによる独自の専門チーム体制

      利用目的と都道府県ごとのスペシャリスト専門チーム体制とデータベースの活用で、都道府県と利用目的ごとに最適なバス会社を提案します。 予約以降のサポート体制も充実、最適な行程を作成し、安心して出発当日を迎えられます。

    • 万が一にも安心の補償

      バス旅ねっとは全てのお客様に無料で補償をいたします。 事故によるケガや入院等の治療費を補償するだけでなく、バスが故障した場合は代わりの交通手段を手配してお客様のスケジュールも守ります。また、有料でより手厚い補償もご用意しております。

    • 独自で設定した安全基準

      安全対策やドライバーの労務管理計画、教育など様々なバス会社の情報をデータベース化して独自の評価基準をクリアしたバス会社を手配しております。 安全への取り組みを日本バス協会に認められたバス会社とのネットワークも日本全国で構築していています。

    お知らせ一覧

    お知らせをもっと見る
    川越氷川神社への行き方(公共交通機関、貸切バス) ページ上部に戻る