大阪・関西から出発する貸切バス旅!おすすめ観光地をご紹介

観光バスの並ぶ様子

グループでの観光旅行に行く場合、交通手段を何を選びますか?電車や路線バスなどの公共交通機関では旅行カバンの持ち歩きが大変で乗り換えも一苦労ですよね。レンタカーを借りるという手段もありますが、運転担当になった人は飲酒したり移動中に寝たりできず気を使ってしまいますよね。
そんな時におすすめなのが貸切バスです。貸切バスというと50人規模のとても大型の観光バスのイメージがあると思いますが、20~30人規模の中型バスや小型バス、さらには10人程度に向いているマイクロバスやミニバスなど、以外に身近で使いやすい貸切バスの種類があるんです。
今回は全国の貸切バス会社の一括見積りや行程表作成サポートを一手に承っているバス旅ねっとが、貸切バス旅行におすすめな観光地をご紹介します。前回の東京編に続きまして、大阪から行きやすいエリアをピックアップしました。

大阪からアクセスが良い長野県の温泉、スキー場のある野沢温泉

大阪から貸切バスで長野県のスキー場へ

長野県は温泉や「スキーやスノボー」などを楽しむことができ、大阪だけでなく関東都心方面からもアクセスが良い場所で冬場は温泉やスキー場などの多くの観光名所があります。今回は「大型バスや貸切バス」でも行ける長野県の南部の観光地をピックアップしました。

野沢温泉スキー場は各A~Eコースの5つに別れていて、「初心者コースから上級者」まで楽しめるスキー場として首都圏からのアクセスも簡単な「信州、長野の大型スキー場」です。冬季だけでなく5月上旬までオープンしていて、長野県野沢温泉村は人工の雪を使用していない唯一のスキー場です。天然の雪のみでスキー場を運営しているので、滑り心地の良い上質なゲレンデとして知られています。千葉から「船橋・夜発バス」が野沢温泉まで出ていて、都心からのアクセスも楽ちんな環境です。

貸切バスで人気のスキー場、野沢温泉スキー場

まずは都内や大阪から中央に位置する長野県の「温泉場、スキー場」を紹介します。野沢温泉スキー場は頂上(やまびこ)から(柄沢)までの標高差が1085mとなり、全体の標高‎: は1,650 mとなります。更にコース数‎は‎20本なので各コースを変更しながら各ウィンタースポーツを楽しむことができます。特に1月は新雪が積りゲレンデのコンディションは最高な状態になります。

<施設紹介>
施設名 :野沢温泉スキー場
住所  :長野県下高井郡野沢温泉村豊郷7923―3
電話番号:0269-85-3155
サイト :https://nozawaski.com/

野沢温泉スキー場のスキー&スノボツアー♪おすすめホテル3選

野沢ビューホテル嶋田屋

野沢ビューホテル嶋田屋は都内から大型バスで4時間の位置にあり北陸新幹線「飯山」から直通バスで25分の場所に位置指していて、比較的、アクセスも簡単、関越自動車道 豊田飯山ICを降りてR117を野沢温泉方面へ約30分の場所にあります。千葉から船橋・夜発バス、貸切バスや大型バスが野沢温泉まで出ているので、都心からのアクセスも簡単です。

野沢ビューホテル嶋田屋の館内は「広々、館内から、スキー場」も見渡せ、シックで清潔な「和」の印象の館内、野沢温泉街の中にあり、各温泉名所にもアクセスが簡単なあロケーションにあります。野沢温泉スキー場の山々を館内の温泉からも一望することができ、優雅な時間が過ごせるホテルとして知られています。

部屋は「和室、和室ツイン」と別れていて、各部屋にシャワールーム、トイレもついています。また団体向けに宴会用の大広間もあるので、大人数での利用にもおすすめのホテルです。料理は会席料理となり、天ぷらや刺し身等から焼き魚などがあります。

<施設紹介>
施設名 :野沢ビューホテル嶋田屋
住所  :長野県下高井郡野沢温泉村豊郷8858
電話番号:0269-85-2124
サイト :http://www.nozawahospitality.jp/view_shimataya/hotel_info.html

千歳館

千歳館には自慢の温泉があり「低張性アルカリ性高温泉」と呼ばれていて、神経痛や、糖尿病、リウマチ等に効く100%天然温泉を楽しめます。

お車では東京方面から豊田飯山I.C を降りて R117 に出て30分で野沢温泉に到着。電車では「飯山駅、野沢温泉」までバスが出ています。

千歳館の部屋は「やすらぎの和室」を提供していて気のぬくもりが感じられる

館内は古き良き和風旅館の風情があり、都心からもすぐに行けて貸切バスや大型バスで中国、韓国人の方も歓迎している旅館です。

またスキー客用に「スキー置場」も用意していて、野沢温泉スキー場の利用客にも便利な環境が整っています。木のぬくもりがあり、宿の最大収容人数は60人となり団体の利用にもおすすめの旅館です。

<施設紹介>
施設名 :千歳館
住所  :長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷9327
電話番号:0269-85-2009
サイト :https://chitosekan-nozawa.com/

山三荘

野沢温泉の宿の中でも「直農園」を完備している宿で、和食創作料理は新鮮な野菜を食べることが出来、「直栽培で育てた長野県産のコシヒカリ」を提供しています。温泉も、ゆったりプランや、部屋お任せプランなどもあるので、非常に充実して楽しむことが出来る環境が整っています。

暖炉のある談話室なども完備していて、昔ながらの情緒のある宿で、「天然温泉薬師の湯」は 「疲労回復」、「神経痛」、リウマチなどにも効能があり、疲れを癒やすことが可能な温泉です。

都心や名古屋方面からもアクセスがよく貸切バスや大型バスで行けて、ゲレンデから歩いて5分なので、スキーやスノボー目当てのレジャーにも最適な環境が整っています。

また山三荘では、グループも大歓迎で、詰め込みワイワイプランなどもあります。
大広間もあるので「サークル、グループ」のお食事会にも利用できる宿です。
宿の裏には体育館もあり、「柔道、合気道、剣道等」に利用できるスペースを完備しています。学校の修学旅行や、合宿等のプランも受け付けているので、スキー、スノボーだけでなく、更にアクティブに各種のスポーツを楽しむことが出来るのが魅力です。

<施設紹介>
施設名 :山三壮
住所  :長野県下高井郡野沢温泉村
電話番号:0269-85-2300
サイト :http://yamasan.club/

野沢温泉のまとめ

野沢温泉スキー場は周辺の温泉街も賑わっていて、各場所にホテルや旅館があり、個々の温泉、ロケ-ションを楽しめます。野沢温泉スキー場名物、「野沢温泉まんじゅう」などもお土産に最適です。「野沢温泉スキー場はナイター」も楽しめ、ロマンチックなゲレンデとなります。

野沢温泉スキー場は36ものバラエティに富んだコース・ゲレンデがある、長野県でも最も大きな大型スキー場で周辺には野沢温泉もあり、スキー、スノボーを楽しんだ後にも、温泉も楽しめる場所なので、毎年冬場は混み合っています。

大阪からも東京からも簡単に「貸切バスや大型バス」でアクセスができ、多くの温泉がある温泉街、野沢温泉どうでしょうか?
車でのアクセスが簡単で、野沢温泉スキー場は人工雪を使用していないパウダースノーが楽しめ、周辺には団体客でも利用可能な宿が多く、社員旅行や修学旅行などにもおすすめ出来る温泉街です。

宴会や、仲間とスキーやスノボーを楽しめ温泉も温泉街に13個もあるので、何度行っても十分に楽しめる環境が整っています。

貸切バス旅行でおすすめの九州

北九州から南九州までの広大な土地に、様々観光スポットが多数存在する九州は、電車などの公共交通機関での移動よりや、観光ツアー参加よりも、立ち寄りたい観光スポットをピックアップしてルートを自由に設定できる観光バスがおすすめです。

中国地方から九州にわたる場合は陸路が主流ですが、大阪から九州に行く場合はフェリーを使うことが多いと思います。貸切バスを使ってフェリーに乗ることも可能ですが、長距離移動に対応するバス会社が少なく、料金も移動時間換算のため、現地のバス会社で貸切バスをチャーターする方がお得です。

周辺は長崎市内の夜景を楽しめるスポットなどもあり、貸切バスでの来場にも適しています。「長崎くんち」で有名なスポットで、中には多くの狛犬を拝見することができます。

九州でのおすすめ観光スポットは数多くありますが、その中から遠方からの宿泊観光だけでなく、近場からの日帰りでも十分に楽しめる長崎市内の観光をご紹介します。

長崎の諏訪神社

貸切バスでフェリーに乗って九州へ

長崎の諏訪神社は、長野県の諏訪大社同様に長崎でも有名な諏訪の神様を祀る神社の一つです。
まず石段を登り、門をくぐると立派な神社が拝見できるスポットとなっています。境内は広く、長崎県内周辺でも「おすわ様」と呼ばれていて、周辺の地域からの来客も多く、周辺の住民からも慕われている神社です。

長い階段があり、階段を登ると神社が見えてくる場所で、常に多くの観光客が訪れているスポットで貸切バス、大型バスで長崎への観光には是非行きたい場所です。子供が小さいうちにいろいろな場所で歴史について学ぶことができるスポットです。

長野県の諏訪神社も見た感じは古代の伝統を受け継いだ、古い神社という印象で、大祭の「長崎くんち」は、日本三大祭として知られていて、イベントなども定期的に行っている神社です。

伝統的な行事などに参加できる日もあり、神社の魅力は非常に深みがあり「年末年始は初日の出スポット」として知られていて、シニアやお子様連れにもおすすめの長崎の観光スポットの一つになります。

長崎市北東の神社はじゃらんなどにも掲載されるほどの神社で、縁結びの神様、金運が上がる神様として「恵比寿大黒」と「諏訪の神様」を祀っています。お子様連れならば、皆さんで一度おみくじなどを引くと良い体験になります。

奥に本殿があり、サイドに売店などがありご利益のあるお守りなどを購入することが可能です。周辺でもかなり大きな神社として知られていて、「鎮西大社諏訪神社の限定御朱印もあるので、観光の際には是非購入したいお守りです。

また、入り口の階段を登り、館内の中央部に「陰陽石」があります。ここは「男石、女石、両性石」があり、その上を通過して神社の正面に到着します。諏訪大社は基本的に諏訪の伝統を引続ぐために長崎県でも1555年に創建されましたが、その後に焼失し、再興することになりました。

長崎の総氏神様は、特に「厄除け・縁結び」などにご利益があり、「海上守護の神社」などがあります。日帰り観光が可能な場所なので、長崎の観光を予定している方にも是非おすすめできるスポットで長崎県内でも最も古い神社だけあり、所々に時間の流れを感じる神社です。

鎮西大社諏訪神社と別名が呼ばれていますが、鎮座している主祭神‎:は長野県諏訪市の建御名方神と‎八坂刀売神となり、諏訪神社の神様です。実際には実在していた大国主の子孫で、諏訪地方では最も有名な神様として知られています。
日本の歴史上でも最も古い神様が建御名方神となります。諏訪地方では建御名方神は長野県の建国に関係している重要な神として知られているほどの神なのです。神社の所々から歴史を感じることができる場所です。

館内は途中、かなり古い時代の狛犬と確認できます。長野県の諏訪大社ほど大きくないものの、作りなどは長野県の諏訪大社に酷使していて、壮大な雰囲気を感じることができます。

また長崎くんちの御朱印帳等ももらうことができ、様々なご利益を得ることができます。

貸切バス、大型バスで観光が可能な諏訪神社は長崎では重要な観光スポットでもあり、市内に近いのでシニアの方にもおすすめで修学旅行や日帰りなどでも楽しめるスポットになります。

<施設紹介>
施設名 :諏訪神社
住所  :長崎市上西山町18番15号
電話番号:095-824-0445
サイト :https://www.osuwasan.jp/

まとめ

大阪から東へ向かう観光スポットと、西へ向かう観光スポットをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?貸切バス専門のバス旅ねっとは全国のバス会社にネットワークがありますので、やりたいことをご相談いただければ最適な方法をご案内させていただきます。バスを予約するだけでなく、貸切バス運行に必要な現地での駐車場の手配や行程表の作成など、貸切バス旅行をトータルでサポートをしておりますので、初めて貸切バスを使うという方もお気軽にお問い合わせくださいね。

\全国の貸切バスを手配します/まずは60秒カンタン見積りから

    ご利用目的を選択
    ご利用期間を選択

    発着地を選択

    ご利用団体区分を選択

    バス旅ねっとがどこよりも利用される理由

    バス旅ねっとが選ばれる理由は、お客様の貸切バス旅行計画成功のためのサポート力です。 518万人のお客様にご乗車いただいた実績を元に、観光地の提案やお宿・お食事の手配などを含めたお客様の目的に最も適したバスをご案内します。

    • 貸切バス専用の一括見積システム

      大手から中小まで全国3,019のバス会社を網羅し、条件や価格をデータベース化。 料金が安くなるよう出発地域に近い地元の複数のバス会社を選定し見積取得し、複数の見積から最も条件の良い見積だけをお客様にご案内します。

    • スペシャリストによる独自の専門チーム体制

      利用目的と都道府県ごとのスペシャリスト専門チーム体制とデータベースの活用で、都道府県と利用目的ごとに最適なバス会社を提案します。 予約以降のサポート体制も充実、最適な行程を作成し、安心して出発当日を迎えられます。

    • 万が一にも安心の補償

      バス旅ねっとは全てのお客様に無料で補償をいたします。 事故によるケガや入院等の治療費を補償するだけでなく、バスが故障した場合は代わりの交通手段を手配してお客様のスケジュールも守ります。また、有料でより手厚い補償もご用意しております。

    • 独自で設定した安全基準

      安全対策やドライバーの労務管理計画、教育など様々なバス会社の情報をデータベース化して独自の評価基準をクリアしたバス会社を手配しております。 安全への取り組みを日本バス協会に認められたバス会社とのネットワークも日本全国で構築していています。

    お知らせ一覧

    お知らせをもっと見る
    大阪・関西から出発する貸切バス旅!おすすめ観光地をご紹介 ページ上部に戻る